Mangochi targeted by human traffickers

2021年10月2日 | Malawi 24

マラウイの南部地区にあるマンゴチ県は、人身売買の件数が増加している場所の一つである。

14,427平方キロメートルのこの県は、107万5,136人の人口に332人の警察官と17か所の交番があり、カツリ、チポンデ、ナンガラム、マカンジラなどの国境エリアがある。
マンゴチ警察署によると、マンゴチ県では2019年に1件、2020年に4件、2021年に2件の人身売買事件が起訴中となっているという。

この県では人身売買事件の原因となっている問題がたくさんあり、人身売買(TIP)についての市民の知識不足がその一つであるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください