A malaria vaccine is approved by the World Health Organisation

2021年10月6日 | The Economist

マラリアの重症者数を30%削減

マラリアは医療科学者の最も手強い敵の一つであり、ワクチンの探求は数十年の間ずっと行われてきている。ここ数年で数十の候補が試験されてきているが、これまでのところRTS,Sと呼ばれるグラクソスミスクラインによって作られたワクチンが唯一、臨床試験の第一ステージで効果を証明している。

10月6日、世界保健機関(WHO)が、熱帯性マラリア原虫の感染のある地域での児童への接種利用でRTS,Sを推奨した。 熱帯性マラリア原虫は、マラリアを引き起こす5つの寄生虫のうち最も死亡率の高いもので、アフリカでは最も一般的なものになる。

WHOは、ガーナ、ケニア、マラウイでの結果を評価後にこの決定を下した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください