【マラウイニュース】マラウイ郵政社が自主退職を従業員に案内;政府資金再投入のためのリストラ策

Malawi Post Corporation invites staff for voluntary retrenchment; As it downsizes its staff for government to recapitalize

2021年7月16日 | Nyasa Times

リストラのために政府が資本再投入する場合、従業員の削減が求められているマラウイ郵政社(MPC)が、自主退職手続きを行いたい従業員の申請を受け付けている。

全ての要件を満たして申請する従業員は、雇用法に従って退職金が支払われることになり、通知支払い、未消化休暇の支払い、年金施策から40%の一時金が支払われることになる。

巨額の負債を抱えるMPCの行う一つのリストラ策が、従業員を806人から310人に削減することとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。