【マラウイニュース】マラウイ郵便社が農村部コミュニテティ向け郵便銀行サービスの再開を計画

Malawi Post Corporation plans to revisit postal banking service for rural communities

2021年4月13日 | Nyasa Times

マラウイ郵便社(MPC)は、当時マラウイ郵便局として事業をおこなっていたのだが、全国で銀行サービスをかつて運営していた。

しかし、マラウイ郵便局は後に、子会社としてマラウイ貯蓄銀行創設への地ならしとなるMPCへの移管され、FDH銀行傘下のFDHフィナンシャル・ホールディングスへ数年前に売却されている。

今MPCは、農村部の多くの人が未だ口座を持っていないことを考慮して、この銀行サービスを再開する計画をしている。MPCは巨額の損失をだしている全国にある郵便局を有効活用する意図がある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です