【マラウイニュース】マラウイ選手がジンバブエで金メダル

Malawi wins gold in Zimbabwe

2022年5月30日 | The Times

ジンバブエのハラレにあるプリンス・エドワード・スクールで開催されたアフリカデー・キックボクシング選手権で、マラウイのキックボクサーたちが下馬評に反してして金メダルを獲得した。

昨年、キックボクシングがマラウイに導入された後、マラウイの選手たちが国際大会で戦うのは今回が初めてであった。

7人のマラウイ人選手がこの大会に参加し、3つの金メダルと4つの銀メダルを獲得している。

ヘスティング・ジェイロシ、マイク・ムワルウィンバ、ダイソン・ビンガが金メダル、エリザ・ノッタ、チコンディ・シボ、エリック・ソクワネ、デヴィ・マココが銀メダルを獲得している。
また、マラウイは最優秀チームのトロフィーを獲得した。

ジンバブエ・キックボクシング協会は、コンチネンタルデーを記念してこの大会を開催している。

マラウイ・キックボクシング協会(Makba)の副会長で、世界キックボクシング連盟の教育・学生委員会のメンバーは、このイベントに立ち会い、マラウイの成功は歴史的なものだと評している。
「私たちは、目の前で歴史的な出来事が展開されるのを目撃しました。マラウィ・ナショナル・キックボクシングチームが国際大会に出場するのは初めてのことです。他の国際大会に出たとき、いつも『アフリカ人にキックボクシングは無理だ』という声を聞いていました。そのことに腹を立て、何かしなければならないと自分に言い聞かせたんです。帰国後、私はキックボクシング協会の設立に着手しました。疑心暗鬼になっている人たちが間違っていることを証明したかったのです。アフリカ人がキックボクシングで活躍できることを証明する必要があります」と副会長は語っている。

大会終了後、男子ではムワルウィンバが、女子ではジンバブエのクダクワシェ・チクワチュアが優勝している。

ムワルウィンバとジェイロシは、マラウイ代表として、6月28日にウガンダのカンパラで開催されるエクストラコンバット・アフリカファイティングシリーズにバハティ・ズールーと共に出場する予定となっている。

一方、Makbaの書記長は、選手たちのコンディションを維持するためにトレーニングを強化すると述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です