Malawi Airlines staff plan strike

2021年11月1日 | THE NATION

マラウイ航空従業員らが、驚きの給与倍増となる新たな給与体系を運営陣に受け入れさせるために、11月2日からストライキを行う計画を立てている。

2021年10月日付の運輸総合労働組合事務局長のサインのある書簡では、従業員らは運営陣に2つの選択肢を与えている。
一つ目が、今年7月から12月の従業員給与の70%昇給と、2022年3月から6月を30%昇給させるもので、2つ目が、今年のの7月から12月の給与を60%昇給させ、2022年3月から6月を40%昇給させるというものになる。

マラウイ航空CEOは電話インタビューで、ストライキの誘いに乗らない従業員もいたため、本航空事業に支障がでることはないだろうと伝えた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください