政府は200万の飢餓に苦しむ世帯へK108億を配布すると発表した。
今年飢餓に見舞われるだろうとされる家族を支援するために、K108億の債務を準備しているので、落ち着くように伝えた。

災害管理局(Dodma)と世界食糧計画(WFP)の共同声明では、影響を受ける可能性のある家族を緩和するのにはK108億が必要になるだろうと示されている。

Dodmaのスポークスパーソンによると、当局は協力者らとK108億の債務調達方法について話し合い始めている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください