政府が、森林関連の仕事につく2,000人の若者へ4カ月の雇用を行うと発表した。

森林自然資源大臣によると、18歳から30歳の若者たちは、2021年の第1四半期内に開始されるグリーン・コープス計画を通して基金されている、UNDPマラウイからの支援を受けることになる。

イギリス大使は、マラウイは気候変動の影響を最も受け易い国で、特にイギリス政府の途上国への気候への活動を支援する経済支援を目指してい中、マラウイは優先されるだろうと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください