【マラウイニュース】マラウイ政府がモタ・エンジルとのニイカ道路のK500億の契約を破棄:ポルトガル企業がK900億を請求

マラウイ政府が、道路局がインフラの建設のためにポルトガルのモタ・エンジルからK900億の請求を受け取り、ルンピ-ニイカ-ンタリレ-チピタ道路を建設するK510億の契約を破棄した。

道路局はこの数字を議論しており、これは高額であり、設計会社のモタ・エンジルの請け負う正確な金額を決定するために道路基金管理局と話し合いをすることになると伝えている。

二番目の候補となる中国のザジュンは、たったK150億の政府道路のプロジェクトに従事している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。