政府が、ネットいじめの新たな潮流に対処するために、2017年のコミュニケーション法の改正を計画すると伝えた。
情報大臣は、改正によって子供たちをネットいじめからの保護を強化するとしている。

マラウイコミュニケーション統制局(Macra)と全国統計局の調査報告によると、9歳から17歳の子どもたちの高い割合が、両親の知らないところでインターネットに接続しているという。

当局が性的なハラスメントを報告する仕組みを提供しなければ、インターネットを利用している子どもたちは性的ハラスメントなどのネットいじめに陥る可能性があると、その報告は懸念している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください