【マラウイニュース】マラウイ政府からK1,000億が盗まれた疑い

K100 billion suspected to have been stolen from Malawi Govt

2022年6月13日 | Malawi 24

2015年から2020年にかけて、マラウイ政府からK1,000億以上が盗まれた疑いがあり、2015年だけでK300億が使途不明になっている。

国家監査院(NAO)は、2015年から2020年までの国家予算支出に関する調査の結果、監査報告書を発表している。
ナショナル・パブリケーションによる報告書の分析により、一部の公務員が公的資金を略奪した可能性があることが明らかになった。

分析によると、議会と省庁(MDA)は、期間中に使われたK1,000億以上の書類を提供することができなかった。

MDAによってK300億の使途不明金が発生した2015年には、農業省がK168億の使途不明金を出し、主犯格となっている。2016年、未計上額はK5億1700万であった。

2017年には、公務員が監査官に支出の書類を提出しなかったため、約73億Kが政府財源から吸い上げられた疑いがある。
2018年はK56億、2019年会計年度はK100億となっている。

2020会計年度には、MDAは総額K260億の支出を裏付ける文書を提出せず、マラウイ警察ではK160億が計上されていない。

地方政府議会は、2015/16年に盗まれたと疑われるK100億を含む、6年間でK220億の会計処理に失敗している。

社会的説明責任と透明性のためのセンター(CSAT)の事務局長は、一部のMDAが公金略奪を発見されないように意図的に書類を破棄していると、隠蔽工作を非難している。
「これらは公的資金を略奪する戦略的な方法である。政府のシステムはもちろんのこと、どんな機関でも裏付けとなる書類なしに支払いを処理することはあり得ない。これは公務員同士の癒着だ」と事務局長は言う。

彼は、監査報告書が発表されても、当局が公務員に対して行動を起こさないことを指摘している。
「これが、公金略奪を続ける燃料になっているのだ」と彼は話している。

2017年から2020年の間に財務大臣を務めた元大臣は、時には多くの利害関係者が関わっているため、監査照会が必ずしも金銭の損失を意味しないため、文書が行方不明になることがあると述べている。

しかし、彼は、当局が公的資金を説明しない役員を起訴しないことについて、弱い法律を非難している。
「そのため、我々(民主進歩党政権)は、財政管理法の見直しを開始し、それが国会で議論され可決されました。これは強化されたものです」と話している。

財務大臣は、ネイション・パブリケーションに、監査報告書の勧告を実施するためのメカニズムを立ち上げたと述べ、これらのメカニズムは、政府が加害者に対して行動を起こすのを見ることになるだろうと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です