USAID estimates 20% of Malawi women not accessing family planning methods

2021年10月2日 | Nyasa Times

5人に1人の女性が、助産婦医療サービスの不十分なアクセスと共に、未対処である家族計画への必要性を訴え続けている。これによって早期出産と高い妊娠率の原因となっている。

アメリカ合衆国国際開発庁(USAID)副部長が、このようなことの結果として、マラウイでは妊婦と子どもの死亡者数が多くなっていると伝えている。

質の高い医療サービスの提供で大きく評判高い功績を上げたにも関わらず、マラウイの妊産婦死亡率のリスクは世界で最も高く、新生児死亡率は乳幼児死亡の44%にもなるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください