Malawi President cancels trip to United States

2021年8月30日 | Malawi 24

ラザルス・チャクウェラ大統領が予定していたアメリカ行きをキャンセルしたと内閣が発表した。アメリカではニューヨークでの国連総会(UNGA)へ出席し、2週間の滞在予定だった。

大統領の首席補佐官兼、内閣広報部長によると、チャクウェラ大統領は会議に現地で参加はしないが、オンラインでの参加になるという。
理由としては、多くの近々の対処すべき問題があり、待たせることができないという。来月にかけて大統領はそれらの問題解決に国民に代わってかかりきりとなる予定で、これまでより迅速に対処できるようになるだろうと伝えている。

第76回目となる国連総会(UNGA76)は、9月14日から開催され、高レベル一般協議は21日に開催され、総会は30日に終わる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください