【マラウイニュース】マラウイ大学の学生が5カ月間の春休みに抗議

Unima students protest against five-month holiday

2022年5月5日 | Malawi 24

マラウイ大学(University of Malawi)の学生が、5ヶ月間の休暇を含む学事日程の修正を要求している。

学生代表協議会(SRC)による書簡で、学生たちは、新しい学年暦は、COVID-19の流行などの問題ですでに勉学が遅れている学生の福祉を考慮せずに作成されたものであると述べている。
「特に、8月から12月までの1学期が終了すると、在校生と新1年生がさらに5カ月間、自宅待機を余儀なくされることに不満を持っています。失礼ながら、私たちはこの学年暦の草案が、19年休暇や2021-2022年の1年生の入学など、不可抗力によってすでに不当に遅れている学生の福祉を顧みない、不運でビジョン欠如の管理の象徴であると考えています。
SRCはもちろん、マラウイ大学に通い続けるすべての学生たちが、大学側が「震災」を起こしたことに心を痛めています。
マラウイ大学では、2021/22年度の1年生を受け入れるために、1年間勉強する機会を与えず、2倍の人数を受け入れることを組織的に決定したことにトラウマを感じているのです。学生団の代表は、有能で著名な管理者を擁する経営陣が、なぜ、どのように、そして、なぜ、そのようなことを決めたのか不思議に思っています。学生団の代表は、有能で著名な管理者である経営陣が、すでに遅れている学生たちを不釣り合いに遅らせることを決定したことを不思議に思っています。
この国の、そしておそらく世界のどの大学もしたことのない非論理的な方法で、すでに遅れている学生を不均衡に遅らせることを決定したのです。この国の、そしておそらく世界のどの大学も実践したことのない、合理的な方法で、すでに遅れている学生を不当に遅らせることにしたのか」とSRCの会長と事務局長が署名した書簡で伝えられている。

学生たちは、学事スケジュールを撤回し、学生の利益も考慮した上でSRCを修正に参加させるよう、学長へ申し入れている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。