【マラウイニュース】マラウイ国民は暗闇の週末に

Malawians face dark weekends

2021年1月日6 | THE NATION

マラウイでは、エジェンコがメンテナンスのためカピチラ水力発電所を停止することで、今後2週間は停電が続くと予想されている。

この措置により、実質的に129.6メガワット(MW)が国の送電網から引き落とされることになり、つまり、現在441MWの送電網は、ンクラ、テザニ、ウォヴエの他の発電機や、ディーゼル、太陽光発電所から供給される311.4MWで維持されることになる。

エジェンコは水曜日の声明で、メンテナンス作業は2022年1月8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、17日(月)に午前6時から午後5時まで実施されると伝えている。

声明文を読むと「これらの修理作業は、カピチラ発電所の貯水池でダイバーが水中作業を行うため、機械の稼働中には行えず、そのため、エジェンコはダイバーの安全のため、カピチラ発電所の機械を停止する必要があります。このため、カピチラ発電所の発電容量である129.6メガワットは、国内送電網に供給されなくなり、エジェンコはこれらの修理作業がエスコムへの電力供給に悪影響を与えないように実施されることを保証する。」と伝えている。
しかしエジェンコは、メンテナンス期間中、ンクラ、テザニ、ウォヴエの発電機およびディーゼル発電所はフル稼働することを確約している。

「エジェンコは、これらの作業がカピチラ発電所の成功と安全な操業のために非常に重要であることをさらに強調したい」と伝えている。
マラウイ電力供給公社(Escom)の広報担当者は、エジェンコが想定している課題について承知していると文書で回答している。

広報担当者は「我々は、顧客にサービスを提供する方法について多くの選択肢を検討し、利用可能な電力をすべての顧客に公平に分配することを保証し、マラウイは水力発電への依存から脱却するため、徐々に太陽光発電に移行しています。」と話している。

2021年11月、ラザルス・チャクウェラ大統領はサリマにある60MWのJCMパワー社製太陽光発電所を就航させました。

しかし、大統領は一部の公務員による官僚主義的な傾向が、エネルギープロジェクトを頓挫させていると嘆いている。

マラウイエネルギー規制庁(Mera)は昨年、国内の計画が進行していることから、プロジェクトは1年以内に国の送電網に接続されるはずだと述べました。

同国の現在の電力需要は約80万kWと予測されており、エジェンコの総発電設備容量は441.95万kWで、約35万8000kWの不足が発生している。

現在、マラウイでは水力発電が主な電力供給源となっており、90%近くを発電しています。
水力発電所が390.55MW、火力発電所が51.4MWを発電しています。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。