【マラウイニュース】マラウイ国民の86%がインターネットにアクセスできないと調査結果

Study says 86% of Malawi population does not have access to internet

2022年3月24日 | Nyasa Times

当局によると、マラウイの人口の86%がインターネットにアクセスできない状況にあり、市民権団体は懸念を表している。

国家統計局の調査によると、同国の人口の86%がインターネットにアクセスできないことが結果として出された。

ユース・アンド・ソサイエティのエグゼクティブ・ディレクターは、この状況を暴力的な排除であるとし、電気通信業界の独占が原因であるなどと述べている。

エグゼクティブ・ディレクターは、リロングウェのメディア・コミュニケーション議会委員会と、オクスファムや市民社会団体を含む関係者が、情報へのアクセスと表現の自由に対する障害を明らかにする場で、このように述べている。

ディレクターは、この評価では、一部のインターネットサービスに対する法外な税金の撤廃、サイバーセキュリティと保護に関するアフリカ連合条約の批准、情報公開法の実現を促進するためのマラウイ人権委員会への十分な財政支援を提言していると伝えている。

彼は、現在のK800万の割り当てでは、深刻な問題に対処し始めることはできないと主張している。
.
この調査結果はさらに、情報公開の実現を妨げるいくつかの法的枠組みの見直しと廃止を要求している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。