【マラウイニュース】マラウイ国民がケネス・カウンダを追悼

Malawians mourn Kenneth Kaunda

2021年6月18日 | Malawi 24

マラウイ国民が、父親がマラウイ出身である元ザンビア大統領ケネス・カウンダ氏の死を悲しんでいる。

カウンダ氏は17日にルサカの病院で亡くなっており、1964年から1991年の間ザンビアの大統領を務めていた。97歳だった。
元マラウイ大統領ピーター・ムタリカ氏はフェイスブックの投稿で、カウンダ氏はザンビア国民と全アフリカの自由のために一生懸命戦ったヒーローだと伝えている。

ケネス・デヴィッド・カウンダ氏はザンビアの北ローデシアのチンサリで1924年4月28日に生まれた。両親は教員で、父親はマラウイ出身のキリスト教長老派の牧師だった。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。