【マラウイニュース】マラウイ国会が異臭で中断

Malawi Parliament suspended due to strange smell

2022年3月15日 | Malawi 24

一部の議員から「議場に煙が出た」という悲鳴が上がり、議事進行が中断された。
この警報を受けて逃げ出す議員も目撃されている。

下院議長は、技術者が問題を確認するために中断するよう要請しました。
その後、議長を含む議員たちが議場を後にしている。

午前中は3回発生した停電のため議事も中断されている。
午前の部は早々に閉会し、午後2時から議事を再開した。

国会議長によると、ESCOMの停電後、施設の発電機が自動的に電気を供給していないとしている。

午後には、国会議員も雨の後の屋根からの大量の雨漏りに懸念を示し、天井板も落ちているため、雨漏りは彼らの安全を脅かすものであると話している。

リロングウェ市中央選挙区選出の国会議員は、建物の状態を改善する必要があると伝えている。

議長は、この問題は議会の能力を超えているため、議会は行政府に建物の修理を依頼することになるだろうと話している。

国会議事堂は、2009年から2010年にかけて中国政府によって4100万ドルをかけて建設されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です