MHRC cautions Govt over ‘mandatory’ Covid-19 vaccination

2021年9月21日 | Nyasa Times

政府に資金提供されちる権利監視団体、マラウイ人権委員会(MHRC)が政府に、ワクチン義務導入についての法的・政策的枠組みなしに行うことに対して警告をしている。

最近、いくつかの民間企業、政府部局、省、政府出先機関(MDAs)が職員を強制的にワクチン接種へ行かせたり、業務を認めないということに対して国民の不満があがっている。

MHRCは火曜に発行された声明で、コロナワクチンは自主的なものであり、職員からワクチン接種証明を求める者は法を犯しているということを強調していた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください