【マラウイニュース】マラウイ人ネットボールスター所属チームがイギリスでタイトル獲得

Malawian netball star’s team win UK title

2022年6月6日 | Nyasa Times

マラウイ人ネットボールスター、ジョイス・ムヴラが所属するマンチェスター・サンダーは、日曜日、ラフバラ・ライトニングを60-53で下し、前人未到の22連勝でイギリス・バイタリティ・ネットボール・スーパーリーグを制覇した。

マラウイのシューターは、このキャンペーンで信じられないほどのプレイヤー・オブ・ザ・マッチ賞を受賞し、ラフバラ・ライトニングに対する60-53の勝利に34本のバスケットで貢献した。
彼女はソーシャルメディアに喜びを表現し、「無敗のチャンピオン。22試合。22連勝。神様としか言いようがない。マンチェスター・サンダー、稲妻と雷雨の後、私たちは頂点に立ちました 純粋な喜びだ。我々はやり遂げたのだ。」と話している。

BBCによると、元ブルーイーグルスの選手も勝利に貢献したという。
「しかし、サンダーは、ナタリー・メトカーフ、エレノア・カードウェル、ジョイス・ムヴラが、シーズンを通して行ってきたように、先頭からリードし、ライトニングのオーバースローの試みを封じるために、5度のファイナリストとしてその経験を示し、気品をにじませました」と、BBCは伝えている。

一方、スカイスポーツは次のように述べている。
「サークルでは、ジョイス・ムヴュラとエレノア・カードウェルが、来たパスのほとんどすべてに報いた。60分間のネットボールで、サンダーのシューターはそれぞれ1ゴールしか外していない。」

BBCによると、マンチェスター・サンダーは、昨年のチャンピオンであるラフバラ・ライトニングを60-53で下し、スーパーリーグのタイトルを獲得し、完全無敗のシーズンを完成させた。
ライトニングは、開始2分でシューターのエラ・クラークが負傷する苦しい展開となった。
カッパーボックス・アリーナで行われた試合では、ライトニングが復活した時間帯もあったが、落ち着いたサンダーが終始リードを保ち、4つ目のタイトルを獲得した。
ヘッドコーチのカレン・グレイグは、この成功に「純粋な喜び」を感じたと語っている。

サンダーは力強いスタートを切り、最初のセンターパスでボールを奪い返し、序盤でわずかにリードを広げた。
しかし、クラークが転倒し、車いすでコートを去るという大ケガを負ってしまった。2018年のグランドファイナルでミッドコーターのベス・コブデンが前十字靭帯を損傷して運ばれたのを見たことがあるライトニングにとっては、あまりにも見慣れた光景であった。
クラークの離脱がアリーナのムードに影響を与えたが、サンダーは冷静さを保ち、第1クォーターで20-8とリードを奪った。

ライトニングのヘッドコーチに就任して1シーズン目のビクトリア・バージェスは、試合後、困難な状況下でいかにチームをポジティブに保ち、「集中するもの」を与えようとしたかを語り、明らかに感情を露わにした。
サンダーは、南アフリカのゴールディフェンスシャディーン・ファン・デル・メルヴェを怪我で欠いたが、若手のミリー・サンダースが活躍した。
ライトニングの攻撃は、ハーフタイム前にスコアが完全に吹き飛んでしまうのを防ぐために、十分な落ち着きを見せることができた。
もう一人のシューター、ウガンダの強豪メアリー・チョルホックは第3Qに怪我で欠場したが、数分後に迅速な治療で復帰した。
今シーズンの2敗はサンダー戦のみだったライトニングは、第3クォーターに復活の時を迎えました。
クラークも松葉杖でベンチに戻り、応援に駆けつけていた。

しかし、サンダーはミスが目立ち、ヘッドコーチのグレイグとアシスタントのトレーシー・ネビルがコートに指示を出し、ベンチは落ち着かない雰囲気に。
最終クォーターに入り、7点差まで縮まったところで、ライトニングは再び活気づいた。
しかし、カードウェルが最後のシュートを決め、サンダーの選手、スタッフ、ファンが歓喜に包まれる中、最終的にダメージはすでに終わっていた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です