【マラウイニュース】マラウイ人、ジンバブエ人、ナイジェリア人、およびすべての外国人が南アフリカ共和国で美容サロンを経営することを禁止

Malawians, Zimbabweans, Nigerians and all foreigners banned from running hair & beauty salons in South Africa

2022年3月23日 | Face of Malawi

南アフリカ共和国で仕事を探している地元の若者たちは、この状況を軽く見たり、暖かい目で見たりしているわけではなく、外国籍の人々が南アフリカで様々なビジネスを営んでいた時代は、おそらく終わりつつある。

ここ数週間、いや数ヶ月、愛国同盟はオペレーション・ドゥドゥラ運動と協力し、南アフリカのハウテン州の様々なタウンシップで外国人が経営する企業や商店を調査する運動を展開した。
これは、これらのビジネスの一部が、違法な商品や偽物の販売を促進しているとされることが報告された後のことである。

さらに、この業界は南アフリカ国民だけのものであるべきで、外国人が経営するビジネスの大半は閉鎖されなければならないと、事前に話題になっていた。

Twitterである南アフリカの弁護士は、さらに一歩踏み込んで、ナイジェリア、ガーナ、マラウイ、ジンバブエ出身の外国人が美容業界でビジネスをすることを禁止するよう求めている。

彼は、このビジネスは南アフリカ国民だけのものだと断言している。
さらに、外国のビジネスマンに対して、髪と美容のビジネスを永久に停止するか、失業中の南アフリカ人からの「ドゥドゥラ作戦」の怒りに直面するよう促している。

一方、今週初め、ANCの幹部は外国人への攻撃について懸念を表明した上で、失業中の南アフリカの若者たちに、外国人に嫌がらせをする代わりに、学校に戻って教育を受けるようにと伝えている。

アフリカ民族会議退役軍人連盟(ANCVL)は、ハウテン州の各タウンシップに広がったドゥドゥラ作戦運動による外国人への反発を黙って見ているわけにはいかないと話している。

ANCVLの会長は今週、ヨハネスブルグのアレクサンドラ・タウンシップで先週起きた外国人商店主との衝突を背景に、この運動のメンバーを厳しく非難したとTimesLIVEは報じている。

会長は、デモ参加者に厳しい言葉を投げかけ、外国人への嫌がらせをやめ、代わりに学校に行って、南アフリカで就職できる可能性を高めるようなスキルを身につけるように促している。

この運動は週末にエクルレニのベノニで発生し、ダヴェイトンではデモが発生したと伝えられている。

ニューズルーム・アフリカのインタビューの中で、会長はドゥドゥラ作戦は危険であり、失業者に対する搾取であると断じている。
「南アフリカの若者の大部分は失業しています。彼らが隙を見て、南アフリカの人々の感情をかき立て始めたので、ドゥドゥラは危険だと思う。しかし、ANCとしては、彼らのやっていることは野蛮なことだと捉えている」と会長は話している。

彼は、ドゥドゥラ作戦のメンバーは法執行機関ではないので、警察の役割を担ってはいけないとし、また、移民はいかなる理由であれ、嫌がらせを受けるべきでないと付け加えている。
「ドゥドゥラ運動のメンバーは学校に行き、技術を身につけ、外国人を困らせないようにしなければなりません。暴力は不適切だ」と付け加えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です