【マラウイニュース】マラウイ中央銀行でK120億以上の資金が消失

Over K12 billion vanishes at Malawi Reserve Bank

2022年3月19日 | Malawi 24

マラウイ中央銀行(RBM)の基金が、重大な過失と職権乱用によりK120億以上の損失を出したことが、特別監査報告書により明らかになった。

この資金は、輸出ビジネス向けの民間開発金融機関(DFI)として2012年に設立されたマラウイ中央銀行の子会社、輸出開発基金(EDF)で失われたものである。

EDFの経営陣は、商業銀行から融資を受けることはできないが、輸出供給契約を確保する能力を持つ地元企業を支援するため、2017年にコモディティ・マーケット・メイキング(CMM)イニシアチブを導入している。

民間の法会計企業であるフレッチャー・アンド・エヴァンスの報告書により、EDFの経営陣は定められた手続きを守らずにCMMを運営しており、結果として2017年から2020年にかけて資金が失われたことが明らかになった。
「EDFの取締役会には、コーポレートガバナンスと監督の役割にギャップがありました。これらのギャップは、EDFが実際の損失と潜在的な損失の合計でK128億以上に達することとなった」と報告書に書かれている。

監査役は、CMMの運営、リスク軽減、財務を担当する役員に対して、定められた手順の不遵守、重過失、職権乱用を犯した懲戒処分を勧告している。

彼らはまた、外為の外部化という犯罪が行われた可能性を示唆していたため、疑わしい取引の調査を要求している。

監査役はさらに、EDFは、唯一の株主であるRBMが提供する内部監査サービスを補完するために、内部監査サービスを外注すべきであると述べている。

また、EDFの取締役会の構成を見直すよう、株主に助言している。

EDFの取締役会会長は、ウィークエンズ・ネーションに対し、同社は「適切と思われるときに、適切な方法で」勧告を実施する予定であると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。