Reserve Bank of Malawi introduces K5000 banknote

2021年11月23日 | Malawi 24

マラウイ中央銀行(RBM)が5,000マラウイクワチャ札を導入し、刷新した2,000クワチャ札の使用も開始した。
23日午後にリロングウェで行われた記者会見で明らかになった。

RBM総裁は、新札は2022年2月24日に発行されることになると伝えている。
K5,000の高額紙幣を導入することで、中央銀行の対応から国内通貨管理政策となり、様々な経済改善とその他重要な理由へ対処する道筋を提供するものになるという。

通貨管理政策によると、経済における高額紙幣は市中通貨の総額の60%以上となるべきではないとされており、現状、旧K2,000札は市中通貨額の80%を超えているため、高額紙幣の導入が必要となったとしている。
購入者はこれからK4,000の支払いに、2枚のK2,000札を使用するのではなく、K5,000紙幣が必要となる。持ち運びやすさも考慮されており、通貨は容易に経済的に持ち運びできなければならないのは周知のことだとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください