マラウイ中央銀行がK1,000の新紙幣の流通を昨日から開始した。
更新された新札は、ニセ札の被害が出ているK1,000の安全を向上させることを目的としている。

中央銀行の貨幣管理局によると、中央銀行はK6億4,900万相当の紙幣が発行されたとしている。新札は、スパークライブ(魚型)、材質、透かし、緻密性、ホログラフが改善されている。

新札の発行は、特にK2,000紙幣でのニセ札対策として

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください