マラウイ中央銀行(RBM)が2021年2月に、「安全」と目されている、改良された1,000クワチャ紙幣を発行することを発表した。

この改良は安全機能面での強化となり、偽装をかなり難しくしている。

RBMの代表は新紙幣の印刷にかかる費用を公開しなかったが、通貨管理ディレクターによると、紙片の置き換えに中央銀行はK150億を使用すると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください