マラウイ中央銀行(RBM)が政策金利を13.5%から12%へ即時に引き下げることを、中央銀行トップのウィルソン・バンダ博士が発表した。

バンダ氏によると、消費者物価指数2020年1月では11.5%だったが、2020年9月には7.1%と減少しており、2019年と比較して物価を押し下げている。
また、非食品のインフレは低く安定しており、為替とエネルギー価格の安定によって固定されている。

COVID-19の世界的な感染拡大は、国内生産成長率を期待されていた5.1%から1.2%へ押し下げていることも付け加えた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください