【マラウイニュース】マラウイサッカー協会がビング国際スタジアムでワールドカップ予選を行うことを期待

FAM hopeful Bingu National Stadium will host World Cup Qualifiers

2021年7月16日 | Malawi 24

マラウイサッカー協会(FAM)は、ビング国際スタジアムでマラウイ代表のワールドカップ予選の試合をナイトマッチも含めて行えるだろうと楽観視しており、現在では投光照明器も完備されている。

政府がスポーツ省を通じてビング国際スタジアムの修繕を完了するところで、それによって数カ月間サッカーの試合を行っていない。

この修繕によって、FAMがこれから国際試合を行うための検査を受けるのに提出できることになり、カムズ・スタジアムは以前にアフリカサッカー連盟(CAF)によって試合が開催するに適していないとして非難されていた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。