【マラウイニュース】マラウイクワチャ5000ドル紙幣が2022年の最優秀新紙幣に選出

5000 Malawi Kwacha banknote named best new banknote of 2022

2022年7月8日 | Malawi 24

マラウイ5000クワチャ紙幣は、そのデザイン、技術的洗練、セキュリティ機能が評価され、ヨーロッパ、中東、アフリカで2022年の最優秀新紙幣に選ばれた。

マラウイ中央銀行(RBM)の総裁は、リロングウェで行われたセレモニーで、マラウイの3大紙幣(K1000、K2000、K5000)の印刷会社であるドイツのG+D社と共同でこの賞を受け取った。

G+Dは、6月にドイツのミュンヘンで初めてこの賞を受賞し、その後、総裁に賞を授与している。本日の授賞式では、G+Dの南アフリカ担当マネージングディレクターが、総裁に再度賞を授与している。

総裁によると、今年2月に導入されたK5000紙幣は、通貨印刷の最新技術を象徴しているという。
「G+Dの銀行券制作における努力と、銀行との良好な協力関係に感謝したいと思います。K5000紙幣は、私たちにとって良い歴史を刻みましたので、私たちはこの紙幣を誇りに思っていますし、その評価は高く評価されています」と述べている。

G+Dマネージング・ディレクターは、新しい銀行券の作成には時間がかかると述べ、銀行券にはセキュリティ機能が必要であり、国のニーズに合わせてカスタマイズする必要があるからだと述べている。
「すべての機能は、紙と印刷の上に実装されます。それをすべて正しい方法で行うには、きちんと計画を立てなければなりません」と語っている。

この賞は、アジアとラテンアメリカで同様の地域銀行券・IDドキュメント賞を授与しているハイ・セキュリティ・プリンティング社から授与されている。

この受賞に対して、ソーシャルメディア上では、マラウイの人々は、この受賞によって国の経済が向上するわけでもなく、何の利益も得られないと述べている。
「最高級の凡庸さだ。一般的なマラウイ人のためになるのか?私たちのポケットに入るお金が増えるのだろうか?独立から58年も経っているのに、銀行全体がここでくだらないことを祝っているのか?これは恥ずべきことであり、国家に対する侮辱である。この貧しい国で冗談を言い過ぎた」と、ある人はフェイスブックで言っている。

また、別の人も「くだらない!大多数の人はそれを稼ぐこともできないし、稼ぐことができても、それでやっと十分な基本的ニーズを満たすことができるのだから。」と話している。

また、この賞を、一部の人が取得するための学位と同じだとする人もいる。
「これはどういう意味なんだ?エルサレム・コミュニティ・カレッジの名誉博士号に相当するようだ」と、あるTwitterユーザーはつぶやいている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です