マラウイクワチャが、10月での政府による総外貨準備高が増加したにも関わらず、主要取引通貨に対して価値が下がり続けている。

10月の月例経済報告によると、政府総外貨準備高が9月での5億3,349万米ドルと比較して10月の6億2,460万米ドルへ改善されているが、これはCovid-19による費用拡大に対処するため、国際通貨基金(IMF)から受け取った基金によるものが主な理由となっている。

イギリスポンド、南アフリカランドに対しても価値を下げており、10月にはアメリカドルに対しては需要に対する外国為替の不足を示していた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください