Malawi still borrowing too much domestically: ‘July-September debt to hit K403bln’

2021年8月31日 | Nyasa Times

マラウイが依然として過剰に国内の借り入れを行っており、マラウイ中央銀行(RBM)によるデータによると、2020/2021年の第1四半期の終わりまでに、政府はK4,030億を借り入れることになるという。

社会経済批評家は政府に、国内借り入れへの飽くなき欲求を抑えるように警告し、この現象は長期的にコストがかかり、不安定なことだと伝えている。

数年にわたって、他の様々な批評家たちが、公債の増加が大きな懸念となっていることを議論しており、民間部門を押し出し、将来世代へ支払い残高と利息を支払う義務を負わせているとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください