Malawi GDP to get 30% lift through industrialization in next five years

2021年9月2日 | Nyasa Times

マラウイの国内総生産(GDP)が、工業化によって現在の9%から最大30%へ増加する可能性があるという見通しがある。特に鉱業部門でこれから5年先にそうなるという。

工業省事務局長がによると、政府は現在、鉱業と製造分野でのスムーズな政策実施を可能とする綿密な動きを計画し、動いているという。

マラウイ2063の柱の一つが工業化であり、政府が工業化政策の達成のために工業担当の専門の省を設立した理由でもあると局長は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください