マラウイの新設された大麻規制局が今週、マラウイが大麻を医療と産業利用での栽培をするアフリカで最新の国となることを発表した。

医療目的の栽培免許には10,000米ドル、産業販売目的の免許には20,000米ドルの費用が必要となる。
マラウイの農家は免許費用が法外に高いと言っている。

マラウイはこれで南アフリカで5カ国のうちの1国となる。ジンバブエ、ザンビア、レソト、南アフリカ共和国で大麻生産を免許制としている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください