【マラウイニュース】マラウイの農園で女性労働者への性的虐待が横行

Sexual abuse of female workers rampant in estates in Malawi

2021年1月18日 | Malawi 24

ムランジェ県とチョロ県の茶農園とマカデミア農園で働くマラウイの女性たちは、英国に本社を置く2つのコングロマリットが所有する農園で、男性監督者の手による性的虐待と搾取に苦しんでいると話している。

調査報道プラットフォーム(PIJ)が発表した調査報告書により、マラウイの農園で働く人々が経験する性的虐待と搾取の実態が明らかになった。

マラウイでは、イースタン・プロデュース・マラウイ社(EPM)がリンブリ、チサンボ、プウェジ、ルオ、ソーンウッド、エルドラド、リカンガ、ミニミニ、ローダーデール、エスペランザ、グレノーキー、カセンベレカ、ミアンガ、ゴタ、マクワセ、ナソニア、クマジ、マサワといった茶園やマカデミアナッツ園を所有している。

EPMは、様々な分野の事業から年間3億ポンド(約K3,370億)以上の利益を上げている英国の企業、カメリア・グループ・リミテッドがその一部を所有している。

同じく英国の企業であるPGIグループは、ルジェリ・ティー・エステートとチョロ・ナッツ・カンパニーを所有している。ルジェリ・ティー・エステート社は、ブルームフィールド茶園、ネスワジ茶園、サヤマ茶園、コンゴロニ茶園、ニチマ・マカデミアナッツ茶園を所有している。

これらの農園では性的虐待が報告されており、上司からの性的誘惑を拒否したことによって解雇されたと明かす女性もいる。

PIJの報告によると、フワジ茶園でデータ入力事務員として働いていたが、リンブリ茶園に勤務していた女性は、上司と寝ることを拒否したため解雇されたという。
上司はその女性労働者に、自分とは別にもう一人、彼女を性的虐待しようとしている管理職がいるので、拒否すれば保護されないと告げていた。

「彼は、私が彼の愛の提案を受け入れるならば、彼の仲間のマネージャーのいかなる悪事からも私を保護すると約束しましたが、私は断りました」とその女性は話している。

リンブリ茶園工場の仕分け部門で働く別の女性は、マネージャーと寝ることを拒否した後、様々な虐待を受けていると訴えている。
この女性によると、マネージャーは報復として、彼女の契約を更新しなかったという。彼女は経営陣の介入により、なんとか仕事を続けることができただけだという。

彼女は「彼は、私がプロポーズに応じたら茶の試験場の監督に昇進させると約束していたのです。私は既婚者ですからお断りしました。彼は私を不快にさせるために勤務シフトを変えていたのです」と伝えている。
また、この女性は、夫が妻に性的虐待未遂を経営陣に報告するよう促したと疑われ、同じ農園で働いていた夫は事務員の仕事を解雇されたと訴えた。

各農園は、シーズン初めに臨時で労働者を雇うのが通常である。経営者はこの仕組みを利用して、仕事を探している女性に性的虐待を加えている。
リンブリ茶園では、3人の管理者と1人の監督者が、仕事を確保するために女性労働者にセックスを強要したとPIJは報じている。

ルジェリ・ティー・エステートもここ数ヶ月、セクハラで管理職を解雇している。

匿名を条件にしたPIJとのインタビューで、ルジェリ・ティーのマネージャーは、ルジェリ茶園株式会社とEPM株式会社が何年もセクハラの報告に関する苦情を無視してきたことを認めている。

このマネージャーは、現在、企業が女性の発言を奨励していることに触れながら、セクハラに関する明確な方針がなく、女性労働者は無力感を感じていると話している。
「この悪習を撲滅するための委員会を牛耳っているのは、悪習の中心人物である経営者たちだ。委員会のメンバーとは友人なので、加害者をかばう余地を作ってしまうことになる」と伝えている。

しかし、EPM社のコミュニケーション・コンサルタントは、EPM社が男性上司からセクハラを受けた女性労働者が提出した証拠を無視したという主張を否定している。

思想家のワーソグスのオーナーはPIJに対し、EPMはマラウイの女性独立上級弁護士の指揮の下、セクハラの申し立てに対処するために、ビジネスと人権に関する国連指導原則に準拠した運用レベルの苦情処理メカニズム(「OGM」)を持っていると述べている。

また、セクシャルハラスメントに関するポリシーは文書化されており、全従業員が閲覧可能で、頻繁に見直されているとのこと。

オーナーは「同社は、従業員がOGMを認識し、報告されたセクハラの申し立てや苦情がOGMに従って対処されるように多くの資源を投入しています。」と話している。

2019年、英国の法律事務所リー・デイを通じて36人のマラウイ人女性が、カメリアグループの他の企業とともにEPMを訴えた。女性たちは、カメリア社の間接子会社であるイースタン・プロデュース・マラウイ社に雇用され、マラウイのムランジェ県とチョロ県の茶園で働く過程で、ジェンダーに基づく暴力(一部のケースではレイプを含む)とセクシャルハラスメントを経験したと主張した。

昨年2月、イースタン・プロデュース・マラウイ社は、女性たちにK24億を支払うことに同意し、またEPMの事業とその周辺における女性と少女のエンパワーメントを目的としたいくつかのプロジェクトを実施することに同意している。

また2020年には、31人の女性がマラウイの紅茶会社ルンジェリの親会社であるPGIグループ(英国)を提訴した。女性たちは、同社が男性労働者によるレイプ、性的暴行、セクハラ、強要、差別から彼女たちを守らなかったと非難している。彼女たちは、性的虐待のために多くの人がHIVに感染し、他の人は妊娠したと主張している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。