【マラウイニュース】マラウイの環境保護活動家が危機に瀕する50,000のムランジェソテツの栽培計画を開始

【マラウイニュース】

2022年月日 |

マラウイの環境保護活動家たちが、50,000本の危機に瀕しているムランジェ・ソテツを栽培する野心的な計画を開始した。ムランジェ・ソテツは松のような木で毒のある葉を持っており、恐竜のいた時代から生息している。

その目新しさから、ソテツは地球上でもっとも密輸される植物の一つとなっている。
ムランジェ・ソテツは、主に人口爆発と居住地による自然破壊を理由に危機に陥っている。

自然保護国際連合によると、約20,000本のムランジェ・ソテツの野生の成木がマラウイには生息しており、生息数の現象から全滅危惧種としてリストにあげられている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。