【マラウイニュース】マラウイの燃料価格は英国より安いとエネルギー規制局が伝える

Malawi’s fuel prices cheaper than UK, says MERA

2022年4月10日 | Malawi 24

マラウイエネルギー規制局(MERA)は、英国などの他の国よりも最も安い料金で燃料を販売していると主張している。

MERAのCEOは、先日の記者会見でこのように主張した。

CEOは、マラウイで1リットルあたりK1,150のガソリンを例に挙げ、イギリスでは1リットルあたりK3,000相当のガソリンであることを説明している。

CEOによると、南アフリカ共和国では1リットルあたりK1,300、ジンバブエでは1リットルあたりK2,000以上、ザンビアでは1リットルあたりK1,100で販売されているという。

ウクライナの戦争が国際市場の高騰を招いたため、各国が燃料の価格を引き上げたと伝えている。

エネルギー大臣は、マラウイには十分な燃料があり、マラウイ国民はパニックに陥らないようにと発言している。
「利用者が途切れることなく来店しているので、数量は常に変動していることを知ることが重要です。同時に、配送と在庫の補充を確実に行うための手配も常に行っている」と大臣は述べている。

MERAはその後、ガソリンを20%、軽油を31.25%値上げしている。
ガソリンは1リットルあたりK1,150.00からK1,380.00へ、軽油は1リットルあたりK1,120.00からK1,470.00へ、灯油はK833.20からK956.00へと値上げされた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です