【マラウイニュース】マラウイの汚職イメージが15%改善

Malawi’s corruption image 15% brighter

2021年1月26日 | THE NATION

マラウイは、2021年の透明性国際汚職認識指数(CPI)で19位上昇し、汚職との戦いが実を結んでいることが明らかになった。
公共部門の汚職の認知度を測る最新のCPIでは、マラウイは180カ国中110位にランクインしている。

2020年の129位から低下したことは、ラザルス・チャクウェラ大統領の指導の下、1年で15%改善されたことを意味している。

2018年は120位、2017年は122位、2016年は120位、2015年は111位となり、現在の順位は過去6年間で最高となった。

ガバナンスの専門家によると、この報告書はあくまで認識度の指標であり、実際の汚職レベルではないとして、悪徳業者への対処に一定の成果を指摘しているものの、さらなる対策を求めているという。

25日のインタビューで、マラウイのCPIをコーディネートしているインテグリティ・プラットフォームの職員は、現在のランキングは、マラウイが過去6年間のCPIの記録をわずかに改善したことを示していると伝えている。
しかし、さらに状況を改善するためには、もっとやるべきことがあるとしている。
「何をすべきなのか?政府は、民間部門と公的部門の両方で有力者のネットワークによって組織的に行われている汚職に取り組む必要があると思います。法執行が効果的かつ効率的に行われるようにしなければなりません。政府は、犯罪や汚職から資産を回収するために、粘り強さを発揮しなければなりません。また、政府は資産回収について説明責任を果たさなければならない。」と話している。

また、特に高価な商品、サービス、工事に関する公共調達システムを一掃する必要があるとしている。

しかし、報告書によると、世界的に不正との闘いを進展させる最大の脅威は、依然として大規模な汚職である。

報告書の一部では「不処罰は例外ではなく、むしろ常態化している。その一方で、大陸は資本逃避により毎年数百億ドルを失っている。そして、不正の疑惑が浮上した場合、汚職防止機関や司法機関は、どんなに高位な犯人であっても、説明責任を果たさなければならない」としている。

報告書によると、サハラ以南のアフリカでは、以前から大きな改善は見られないという。
「この地域の結果が悪いため、上位の国々の結果は影を潜めています。全体として、49カ国中44カ国が依然として50点以下である」と報告されている。

裁判所が認めた大統領選挙で政権を奪取して以来、チャクウェラ大統領は不正と戦うことを約束してきた。在任中、汚職疑惑で2人の閣僚と2人のトップアドバイザーを解任している。

月曜日、大統領は、この戦いに勝つという決意が、自身の大臣の行動に関するものも含め、汚職規制局(ACB)の捜査に決して干渉しない理由であると伝えている。

チャクウェラ氏は、不正への対応として、誰もがこの国の汚職があまりにも深く、自分自身を含む多くの人々が、知らないうちにその利得から利益を得ていたかもしれないことを認める時が来たと伝えている。

大統領はまた、ACBに十分な資金を提供するようにしたと述べ、さらに、国内の汚職の深さには協調した取り組みが必要であると述べた。

一方、市民社会のプラットフォームである反汚職同盟の議長は、25日、汚職との戦いに集団で取り組むことを呼びかけている。
「国民の大多数は政治的企業家になっており、政治的搾取を守るために必死で戦っている。最大の課題は、政府が犯罪企業になってしまったことだ」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。