【マラウイニュース】マラウイの民間苗木会社がカリフォルニア・パパイヤで果樹をさらに多様化

Malawian private tree seedlings developer diversifying more on fruit trees with California Papaya

2021年7月30日 | Nyasa Times

マラウイの情熱を持つ民会苗木会社で果樹の苗を育て多様化させている、マポパ・ウイリアム・バンダが、多くの果実をつけるカリフォルニア・パパイヤ(ポポ)を加え、販売している。

バンダ氏によると、カリフォルニア・パパイヤは商業的にとても有効で、植樹から9カ月以内に実をつけ始め、適切な成育で、一本あたりの1シーズンの収穫期で90以上の実をつけることができるという。

ほとんどのスーパーマーケットでは、ローカルのマーケットと比べるとパパイヤはとても高価で、ほとんどの農家が多年性の収穫物としてパパイヤの栽培に投資をしていないので、季節性の収穫物としてさらに手に入りやすくなる傾向にある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です