待望の取得可能投資プログラム(AIP)は初期の実施段階で多くの問題に直面していると言われている。この施策から、農家たちはまだ恩恵を受けていない。

農業省のロビン・ロウェは、システムのネットワークや地方マーケットでの供給者不足など、この施策の直面している問題を認めた。

マラウイ政府は、農家が国内の食料安全保障を改善するために、小規模農家が一定の農業投資を利用できるように補助する目的でAIPを導入している。

AIPのターゲットとしている89%の国内の対象農家が農業投資の利用ができていない。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください