【マラウイニュース】マラウイの債務が13%増加

Malawi debt goes up by 13%

2022年6月28日 | Nyasa Times

マラウイの債務残高が13%増のK6兆3,800億という前代未聞の水準に上昇した。

財務経済省による「2021年から2022年の年次公的債務報告書」によると、2021年の債務残高はK5兆6,500億で、これは2021/22年のGDPの62%に相当するという。

報告書によると、2022年3月末時点で、GDPの29%に相当するSD36億4千万が対外債務である一方、国内債務総額はK3兆4,100億に達し、2021年6月末時点で登録されているK2兆5,600億から33%増加している。

報告書は、この増加の原因を、期間中の資金調達と債務借り換えの必要性における高い赤字に求めている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です