【マラウイニュース】マラウイのコロナ回復者数が改善

Malawi Covid-19 recoveries improve

2021年8月17日 | THE NATION

コロナ罹患からの回復率が最近数週間で74%まで低下していたが、南アフリカ開発コミュニティ(SADC)の国々と比較してマラウイは着実に改善をしてきている。

世界保健機関(WHO)のCovid-19ダッシュボードによると、隣国のタンザニアでは13.1%の回復率、ザンビアでは96.4%、モザンビークでは85.1%、レソトで47.1%、エスワティニ(旧スワジランド)で72.2%、南アフリカ共和国で91.2%となっている。

さらに、ジンバンブエでは80.4%の回復率、モーリシャスでは66.3%、アンゴラでは93.2%、ナミビアは89.1%、ボツワナは89.2%、マダガスカルは97.7%、セイシェルは97.1%、コモロス諸島が96.1%となっている。

ケニアは現在第4波の感染拡大に入っており、91.9%の回復率と報告されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。