【マラウイニュース】マラウイの「輸出」看護師が引き起こす失業問題

Unemployment caused by Malawi ‘export’ nurses

2022年7月5日 | World Nation News

マラウイの国立看護師・助産師機構は、約2000人の看護師が今年中にサウジアラビアと米国での仕事に就くためにマラウイを離れるだろうと述べた。

同団体によれば、マラウイでは失業率が高いため、看護師は海外で仕事をすることを余儀なくされているという。
マラウイの公立病院では看護師の半数以上が欠員となっており、政府はこれを資金不足のせいにしているため、医療権利運動家は頭脳流出を懸念している。

マラウイの看護師・助産師全国組織によると、現在マラウイでは訓練を受けた看護師が3,000人以上失職しているという。
「私たちは、失業した看護師や助産師が経験した、そして経験している危機を感じています 。資格を持って卒業し、5年間も実務をせずに免許を保持するというのは、簡単なことではありません。」と、同組織の会長は話している。

会長によると、1,000人の看護師の第一陣が8月にサウジアラビアに出発する予定であるという。
5年間のプロジェクトで、毎年1,000人ずつ派遣する計画になっている。

マラウイ健康公平ネットワークのエグゼクティブディレクターは、海外に行く看護師が自分たちの仕事について十分に知らないことを懸念している、と述べている。
「これらの国に行って、医療施設をチェックし、どのような条件で運営されるかを確認した人が他にいるでしょうか?これらはいくつかの問題ですが、私たちは彼女たちに実務をさせることが最優先しています。」と話している。

会長によると、同団体はサウジアラビアでの作業について確約を得たという。

政府の統計によると、マラウイの公立病院では看護師の65%が欠員となってる。

妊婦死亡率とリプロダクティブ・ヘルスに関する大統領顧問は、政府が看護師の賃金を上げる方法を見つけない限り、さらに多くの人が国を離れるだろうと述べている。

看護婦組合の元組合長でもある顧問は、「これから起こることは、主流派であった人たちも、ここでの政府の仕事をやめて、アメリカに行ってもっとお金を稼ぐという選択をするでしょう。それは悪いことではありません。しかし、それは頭脳流出につながり、マラウイにとって良い兆候ではないかもしれません」と伝えている。

しかし、マラウイ政府は財政的な制約から、もはや看護師を雇うことはできないとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です