【マラウイニュース】マラウイに暗号通貨の未来はあるのか?

Does Cryptocurrency have a Future in Malawi?

2022年5月5日 | Malawi 24

世界のアフリカ地域全体で、暗号通貨は加速度的に人気を集めている。
世界的なトレンドとデジタルオルタナティブの採用は、特定の地域だけでなく、全世界に機会を創出している。
ヨーロッパ大陸、アジア、アフリカ、アメリカ大陸の至るところから大量の暗号通貨データが流れ込んでいることからもわかるように、このパンデミックは間違いなく一般市民の間での暗号通貨の普及を加速させた。
デジタル革命は、一般大衆に有利に働いているようだ。
読者の多くが考えているであろうトピックは、マラウイのブロックチェーンの未来は一体どうなるのか、ということだ。

私たちは何度も何度も、暗号ファンの大きな割合が、オンラインeスポーツゲームへの参加を通じて、最初にブロックチェーン技術の世界を知るということを見てきた。
非ゲームストップのカジノや他のプラットフォームと同様に、CSGOとリーグ・オブ・レジェンズは、オンラインコミュニティで暗号通貨が広く採用された理由に対してかなりの責任を負っている。

暗号通貨がマラウイで人気を集めている理由とは?

マラウイが暗号通貨を採用したのは、さまざまな要因によるものでしょう。
アフリカ大陸の中では最も飽和状態の地域ではないにもかかわらず、暗号通貨(特にビットコイン)の普及率では世界のトップ5に入っています。
アフリカの上位5カ国内では、5億5000万米ドル以上が暗号通貨で取引されていると予測されており、マラウイもその1つです。
当地での暗号通貨取引活動が大幅に増加した背景には、以下の理由が考えられます。

地域通貨が流動的な状態であること

米国や欧州など世界の他の地域と比較すると、アフリカの急拡大地域の通貨は特に変動が激しいです。
暗号通貨の利用は、クワチャの価値下落を回避する最も有効な方法です。
アフリカは特に不換紙幣の世界的なインフレが起きているため、不安定な自国通貨を保有しながら非常に脆弱な地域になっています。
暗号通貨は、自国通貨マラウィクワチャの購買力低下を懸念する人々にとって、最も購買力を高めることができます。

ブロックチェーン技術は分散型であるため、ユーザーはこのように簡単にアクセスすることができます。
あまり知られていないかもしれませんが、オンラインeコマースやその他の技術関連産業の大半は、すべてブロックチェーン技術に向けてプラットフォームを収束させており、世界中の人々がどこに住んでいようと、購買力をより身近に感じることができるようになっています。
自分の財布を販売店のプラットフォームとリンクさせるだけで、ほとんどすべての買い物を最小限の手間で行うことができます。
ビットコインが提供する購買力は他に類を見ません。
暗号通貨が提供するセキュリティにより、お客様は常に、購入が正当化され、不当に請求されることがないことを確信することができるからです。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。