【マラウイニュース】マラウイに新たな台風デュマコ接近

Malawi to face fresh storm Dumako

2021年2月17日 | THE NATION

インド洋で発達した中程度の熱帯低気圧「デュマコ」に伴い、気候変動気象サービス省は差し迫った洪水について警告している。

同局は、ンサンジェ、チクワワ、ムランジェ、チョロ、チラヅル、ブランタイヤ、ネノ、ムワンザを含む南部地域のほとんどの県で激しい雨をもたらす可能性があると警告している。

デュマコによる低気圧は水曜日にモザンビーク海峡に現れ、2日後にはモザンビーク沿岸に流れ込むと予想されている。

熱帯収束帯の影響により、中部地方のほとんどの地域で大雨が降っているためである。

気候変動気象サービス局の局長代理によると、今日から明日にかけて予想される最大降雨量は24時間で100ミリメートルに達する可能性があるという。

この台風は、前回の熱帯性暴風雨アナほど激しくない可能性があるが、主にチクワワとンサンジェで鉄砲水が再び発生したり、新たな洪水の懸念につながる可能性があると述べている。

この警報について、気候変動に関する市民社会ネットワークの国別コーディネーターは、この警報は、当局や市民社会組織が実際の災害が発生する前に資源を動員し、対応活動を活性化する機会として役立つはずだと伝えている。
災害管理局の広報は、警告を真剣に受け止め、緊急に安全な場所に移動するよう国民に警告ている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です