IMF says Malawi, others lose K600bn in mining tax

2021年11月10日 | THE NATION

マラウイを含むサブサハラアフリカ(SSA)諸国は、多国籍企業(MNEs)の租税回避で、毎年4億7,000米ドル(約K5,850億)から7億3,000万米ドル(約K5,990億)を法人税で失っている。
これは国際通貨基金(IMF)による、「サブサハラアフリカ鉱業部門租税回避」というタイトルのSSAでの利益推移度合についての新たな調査によるものである。

マラウイは主に国内消費向けに、セメント、石炭、骨材用の砕石、ドロマイト、石灰石、少量の塩などを生産しており、現在は宝石と一部の石灰製品だけが国際市場へ送り出されており、残りの産業鉱物製品は国内マーケットに出されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください