【マラウイニュース】マラウイでCovid-19陽性者が増加中

Covid-19 Cases On The Rise In Malawi

2022年7月21日 | Face of Malawi

保健省が共有する統計によると、新型コロナウイルスの陽性者数が増加している。

保健大臣によって署名された声明によると、少なくとも 87 人はウイルスの陽性と検査結果が出ている。

また、この24時間の間に少なくとも15人が感染から回復し、死者は出ていないと大臣は付け加えている。
「過去24時間で、マラウイは新たに87例のCOVID-19を登録し、15例が回復し、死亡者はゼロである。新規症例はすべて国内で感染しており、ブランタイヤで38例、リロングウェで24例、マンゴチとゾンバでそれぞれ6例、ムジンバ北で4例、ムワンザとチョロでそれぞれ2例、ンチシ、ンカタベイ、ンコタコタ、カロンガ、ムジンバ南でそれぞれ1例です。マラウイでは、累計で87,105人の患者が発生し、2,656人が死亡しています(症例致死率3.05%)。このうち、2,891人が輸入感染者、84,214人がマラウイ国内感染者です。現在、累計で83,576人の患者が回復し(回復率95.95%)、290人が追跡調査から外れています。これにより、活動中の症例は583例となりました。」と発表している。

これまでに国内で400万回以上のワクチン投与が行われている。

累計で2,386,662人が初回接種を受け、1,716,923人が2回接種を受け、49,238人が追加接種を受けている。
この2週間で、103,125人が初回接種を受け、76,697人が2回接種を受け、7,644人がブースターを接種している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です