TNM Plcが、3年をかけて国内の選ばれた公衆エリアで無料のWiFiを提供するために、政府と協力することになった。

この施策は官民パートナーシップ委員会(PPPC)によってマラウイ・デジタル・プロジェクトの元に実施され、学校、図書館、病院、マーケットを含む30のWiFiホットスポットの設置を主導する。
ユーザーへは追加購入の選択可能な、120MBのインターネット利用が毎日提供される。

ブランタイヤとリロングウェのマーケット、ゾンバ、クィーン・エリザベス中央病院、カムズ中央病院、チョロ、マンゴチなどの地区病院での導入が決まっている。
本プロジェクトは2021年10月に開始される予定。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください