【マラウイニュース】マラウイで大規模停電

Blackout hits Malawi

2021年1月24日 | Malawi 24

マラウイ発電公社(EGENCO)によると、洪水のため発電所の機械を停止せざるを得なくなり、国中で多くの地域で停電が発生している。
ソーシャルメディア上では、全国各地のマラウイ人から停電の苦情が寄せられています。

EGENCOはその後、発電所の洪水が原因で全国的な停電が発生したとする声明を発表している。
「発電所で鉄砲水が発生しています。そのため、取水口の構造物を損傷から守るため、一部の機械を停止せざるを得ませんでした」と同社は声明を発表している。
「同社はお客様に謝罪し、この問題についてマラウイ国民に最新情報を提供することを約束しております。」

本日、国内各地で豪雨が報告されており、EGENCO社が発電所を持つ南部地域では洪水が報告されています。

気候変動気象サービス局は、中程度の熱帯性台風アナが明日ゾンバ、ムランジェ、パロンベ県を通ってマラウイに入りそうなことから、さらなる大雨になると警告しています。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。