【マラウイニュース】マラウイで人種差別ビデオを撮影する中国人たち

Chinese people shooting racist videos in Malawi

2022年6月13日 | Malawi 24

人種差別主義者の中国人男性ルー・キーは、マラウイの子どもたちが「私は黒い怪物で、IQが低い」と唱えるように指示されたビデオを撮影したことを認めた。

BBCの調査により、2020年に中国のソーシャルメディアに公開され、世界中で怒りを買ったこのビデオの背後にいるのはルー・キーであることが判明している。

ビデオの中では、おそろいのシャツを着て興奮した子供たちが、カメラの外にいる男性から中国語でフレーズを唱えるように指示されています。子供たちが唱えるフレーズは、「I am a black monster and my IQ is low. 」(私は黒い怪物でIQが低い)であった。

このような動画は、アフリカにいる中国人が制作し、ソーシャルメディア上で中国人仲間に販売されていた。

BBCアフリカ・アイの記者が、同じ子供たちが登場する他のビデオを使ったところ、首都リロングウェから数キロ離れた貿易の中心地、ニジェワで撮影されているものがあることがわかっている。

地元ではスス(おじさん)と呼ばれているルー・キーを見つけ、彼は子供たちに1日半ドルを支払い、ビデオに出演させ、子供たちに歌や踊り、中国語で唱えさせた。
そして、そのビデオを中国にいる中国人に売っていた。

また、この中国人が数年間かけて子供たちのビデオを撮影していたムチンジのカムウェンド村にも取材に行っている。

ある6歳の子供はBBCに、ルー・キーは自分の望むフレーズを子供たちに言わせるために暴力を使ったと言っている。
「彼は、私たちが何かをすると、私たちをつねったり、棒で鞭打ったりしました。」と話している。

捜査当局は、ビデオの買い手を装った別の中国人男性の協力を得て、スス氏にインタビューを行い、「低IQ」ビデオを作ったことを認めた。

ビデオを見せられたキーは「はい、これは私のものです」と言ったが、すぐにその言葉を撤回し、「友人が撮ったものだ」と話している。

また、キーはポールに対して、黒人を決して哀れまないでほしいとアドバイスし、それが「黒人をどう扱うか」であると述べている。

BBCの記者がルー・キー氏に詰め寄ると、彼は人種差別的なビデオの作成と子供たちへの暴行を否定しましたが、中国文化を広めるためにビデオを作成したと話している。

BBCの取材に対し、人種差別ビデオに出演した子供の両親の一人は、この中国人男性の行為に懸念を示し、この地域から立ち退くよう要求している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。