【マラウイニュース】マラウイがK7,500億のアフリカマーケットへ参入準備

MW ready to tap into K750bn African market

2021年6月12日 | THE NATION

マラウイが、アフリカ大陸自由貿易協定(AfCFTA)を通して、9億4,300万米ドル(K7,540億)の輸出市場へ乗り出す可能性があることを、マラウイAfCFTA国家戦略が示している。

この戦略は、2026年までにアフリカ内での輸出貿易の増加と世界貿易ネットワークの構築知るために、マラウイでの効果的なAfCFTAの支援を目的としている。

可能性のある市場としては、3億2,400万米ドルの市場を持つコートジボワール、ナイジェリア(9,770米ドル)、アルジェリア(9,580万米ドル)、マリ(9,170万米ドル)、モロッコ(8,990万米ドル)、ガーナ(8,450万米ドル)、ガンビア(3,620万米ドル)、セネガル(5,940万米ドル)、ベナン(5,010万米ドル)、シエラレオネ(1,460万米ドル)などが挙げれらている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。