Malawi gets k127bn In investments—MITC

2021年9月15日 | THE NATION

マラウイがコロナ禍の間、今年の6月と7月の間での投資契約で1億5,460万米ドル(約K1,273億3,000万)を記録しており、コロナ禍によって事業活動は停滞していることがマラウイ投資貿易センター(Mitc)のデータでわかった。

そのデータによると、Mitcの記録した1億5,460万米ドルのうち、1億1,192万米ドル(約K975億2,000万)は海外直接投資(FDIs)となっており、3,540万米ドル(約K289億9,000万)が国内投資だった。

Mitcのデータはさらに、FDIの最も多いの資本はイギリスで35.16%となっており、続いて南アフリカ共和国が16.55%、オーストラリアが12.93%、カナダが8.06%となっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください